ボンジョルノ♪

みらののSVRブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読んでくれるとハッピー♪

ここではみらの的に読んでもらえるとハッピーな記事をリンクしていきます。

みらのへ&お知らせ

ダラダラの原因

サブフィニッシャー集


WWE12への提案
スポンサーサイト
  1. 2018/03/02(金) 11:38:08|
  2. 読んでくれるとハッピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

RAW1263 前半

アンブローズとロリンズについて

先週アンブロは

「もう裏切られたくない」

という言葉を使っていました。
「裏切られたくない」という事はつまり今も信用している……
という意味ではないのか……と先週思いました。

そしてRAW1263

ロリンズ対シェイマスはアンブロは助けに来ませんでいた。
アンブロ対セザーロにはロリンズが助けに来ました。

観客の声にもおされてアンブロがついに拳を出すもまさかの

ロリンズ拒否

は!?
つか、バックステージでのやりとり、あれはどう考えてもアンブロからロリンズに対して

「信用してほしかったら態度で示せ」

というフラグでしょ?
それを今度はロリンズが拒否って。
ロリンズ、お前が拒否する権限ないぞ。
アンブロが援護に来なかった事にイラついているだろうけど、そいういうのを我慢しないといけない立場だろ(笑)
  1. 2017/08/22(火) 02:16:57|
  2. WWE視聴感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

95.10.9 IWGP戦 武藤対高田 を観戦する武藤と蝶野

いろいろ記憶違いがあるのでコメントの内容は違ったりしますのでご了承ください

武藤「さっき(前観ていた試合)より天辺薄いね」
反応できない蝶野
武藤「もうこの頃から剃ってれば良かったよ(笑)」

蝶野「当時は武藤さん側だったけど今見ると高田さんも相当やりづらそうだよね」
とか今だから言える感想がポロリと。

武藤「この試合からドラゴンスクリューを使い始めて、そこからの四の字。
   それが俺のパターンになってずっとやってこれた。
   今の若い子達もみんなマネするね」

蝶野「この試合、いろんな意味で注目が凄かったじゃないですか」
武藤「団体対抗とかタイトル戦とかね」
蝶野「その試合の決まりてが四の字でしょ。当時凄かったよね」
武藤「クラシックな技が注目される形にね」
蝶野「プロレスの技でUWFに勝てた。というのもね」
武藤「俺はアメリカでリック・フレアーに何度もくらったからね」
蝶野「それを武藤さんがやると」
武藤「そうそうそう(笑)」

蝶野「武藤さんも裏十字得意ですよね」
武藤「そうだね」
蝶野「なんで使わないんです?」
武藤「だって、みんな使っている技でしょう」
2人・(笑)

武藤「だけど他人が使っている技って使いづらいよね」
蝶野「あー、確かに」
武藤「俺もリック・フレアーがいたら四の字使えなかったからね(笑)」

蝶野「武藤さんいまのムーンサルトまでのスピード速いですね」
武藤「ほらUWFだから動きを早くしないとね。それに俺もまだ若いからこんなに動けるんだよ」

蝶野「どこでドラゴンいくんでしたっけ?」
武藤「いや、俺も覚えていないんだよね。今かな?あ、違った……」

蝶野「この試合、長かったでしたっけ?」
武藤「いや、そんなには長くないはず。ドラゴン決まって四の字で終わるから20分いってないんじゃない?」

~ドラゴンスクリュー後~
武藤「あー、俺ドラゴン入れた後にこんだけ高田さんから攻撃受けているのか……
   全然覚えていない」


等々楽しいお話を聞くことができました。
  1. 2017/08/12(土) 16:37:09|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィン・ベイラーの入場

最初の頃はやけに大がかりだなー

ってのが印象。後、入場時のアレはお客さん疲れないかなーって思ってたけど、系4回だから別に大丈夫だね。
自分もテレビの前で思わずやってるから(笑)

だけど全体的に長すぎるんだよね。
あのロープにもたれるモーションなくしたりとかのショートバージョンを作成してほしい。
  1. 2017/07/08(土) 23:12:50|
  2. WWE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PPV予想

とりあえずPPV予想です。
まぁジョーはレスナーに負けるでしょうね。

んでここからね。
多分だけどレインズとストローマンの試合はストローマンが勝つと思う。
というのもレスナーからベルトを奪うのはかなり厄介。

まず

レスナーは過去にWMでテイカーに勝利いている

なのでレスナーに勝つには最低条件としてテイカーに勝っている事が最低条件となる。
ここで1番資格があるのが今年のWMでテイカーに勝って引退させたレインズ。

だったらレインズにベルト獲らせたら良いんじゃないの?

ってなる。
確かにその通り。
だけど、だったら前の5人勝負のPPVで勝ってから挑戦させておけばいい。
それをしなかったのはレインズのベルトはちょっと先になる。
ならまずは誰かにとらせないといけない。
そこでジョーははっきりいって力不足ね。説得力がない。
まずレスナーがコキーナ・クラッチでタップするとも思えない。
にしてもジョーがコキーナ・クラッチをフィニッシャーにしている感があるのに、他の試合で普通にスリーパーホールドが使用されていたのは少し苦笑した。
で、今回のPPVでストローマンがレインズに勝てば

テイカーに勝利したレインズに勝利した

と拍が付く。
そこでストローマンがレスナーに挑戦するキッカケが生まれ、挑戦し、勝利。
これでストローマンにベルトが移動。
だけどストローマンはパートタイマーではないからストーリーの展開では

セス・ロリンズ
フィン・ベイラー
ワイアット

にも負けても特に問題がなくもできる。
だからPPVはレスナーとストローマンが勝利し、次回PPVで2人が対戦し、ストローマンがベルトをまく。
と予想しておきます。
  1. 2017/07/07(金) 05:26:41|
  2. WWE視聴感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAW1247

全体的に面白かった。

ジェフ対セザーロ

セザーロがジェフに対して敬意を持っているのはわかるが、「勝負は勝負」とハッキリしてほしかった。
仮にもジェフはWWEで王座にも就いたこともあるんだから特にセザーロにはそんな躊躇等もたせなくてもよかった思う。
逆にそれがジェフの今の実力を示す形になっちゃった気がする。
その点はWWEのジェフのプロモは失敗だと思う。

もっと互角にやりあわせても良かったのでは?

と思ったのと、ジェフの劣化が目立ち、完全にセザーロが介護をする形になってしまったのが残念。
意外にもシェイマスの乱入等なく、最後はクリーンな形で終わったからWWEにしては珍しい形になった。と思った。


ビッグショー対ストローマン

最近目立っていなかったショーに久しぶりにライトがあたった感じ。
というか、最近のショーは若手とかの引き立て役に回りすぎな気がした。
今回もそんな感じだろう。と思ったが、結構ショーの素晴らしさを発揮したと思う。

試合は以外にも巨漢レスラー同士なのにチェーンレスリングを展開。
最初はやや失笑を買った気がしたが、意外にもストローマンが動けて、逆に関心した。
それにつき合わされたショーはやや気の毒だとは思うが、それでも彼はパワーで存在感を示せてたと思う。
試合はストローマンの凄さを出す為の流れではあったが、ところどころショーの見せ場があり、そういった意味では嬉しい。
ただKOパンチ等決めたのに、それで試合が決まらないのは正直強さのインフレを起こしそうなのでやめてほしいとは思った。
ただ、ショーもストローマンの技で3カウントをとられなかった。というか決めさせなかったのがWWEの良心なのかな?
単純にリング崩壊KOしたかっただけだろうけど、それまでの流れとか展開は変にフィニッシャーを返し合戦を除けば素晴らしかったと思う。

ただ巨漢レスラーが出るたびにテイカーとケインという動ける巨漢がいかにレアだったかと再認識する。
  1. 2017/05/19(金) 21:54:51|
  2. WWE視聴感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAW1206

えーと、番組の冒頭は日本だと批判物ですよね。
「食べ物を粗末にするな」ってね。

シナVS倶楽部
AJのマイクは上手かった。
結局シナが倶楽部にやられていても、誰からの援護がないのはシナの「ギミック」を上手く利用していたな。と思ったけど、今回は援護が来て、これで次回PPVのカードが決まるでしょうね。
にしても、プロレス観点からしても、倶楽部のシナに対する行為って「イジメ」にしか見えず……。
そうなると真面目で優等生なシナをいじめっ子の倶楽部がいじめるスタンスがリアルの子供達にどう影響するのか。

シールズ
アンブロがミズに勝った後にロリンズにタッチした後、そのまま立ち去ると思いきやリングにいるロリンズにダッシュし、リングインした後にちょっと言葉を交わして実況席へ。
しかしロリンズのヒールになろうとしているのに、お客さんがヒールにしてくれないのが面白い。

アメリカVS連合
まぁ当たり前だけどアメリカ勝つのはわかっていた。
でも面子的にケインとビッグショーって、それだけで勝つの決定でしょ(笑)
じゃあどうやってケインを除外するのかと思ったらまさかの反則負けて(笑)

以前にKOは持ち技的にヘビー級の一級線でやっていくのは難しい。
と書きましたが、まさかのマーク・ヘンリーにパワーボム。
一応ヘンリーが自分から飛んではいますが、ヘンリーにこの技を決めたのは今後の説得力としては大きい。
つか、ヘンリーもの凄く綺麗に飛んだな。あれは凄い。
  1. 2016/07/23(土) 20:09:46|
  2. WWE12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「レッツゴー、シナ」「シナ、最低」

まぁシナ戦ではこのチャントがかかるのが当たり前になってもう何年でしょうか?

まぁ個人的にこれもWWEの醍醐味の1つと1つなんですが、どうしてもこのチャントの「シナ、最低」と叫んでいる人が好きになれない。
全員ではないけど、どのくらいの割合でプロレス観点で行っているのかな?

何割かは、ブーイングを行っている自身に酔っていないかな?

「俺はプロレスを知っているんだぜ!!」

ってね。
でも、なんかそれの意味合いをはき違えていない?
簡単にいうとシナを応援する流れに逆らう姿が思春期特有の反抗期の行動に見える。

というかシナへのブーイングは男性の大人が行うんだけど、一応シナへのブーイングはその反抗期っぽい気持ちが反映されているわけで。
でも、それを「プロレス感覚」で行っているならわかるけど、それをガチでやっていると痛いですよね。
子供からしたら

いいおっさんが何してんだよw

ってなりますよね。
つか、自分はそういう風にしか見えない。
  1. 2016/07/13(水) 19:05:02|
  2. WWE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAW1205

なるべく毎週更新したかったのですが、なんだかんだTwitterで終わっちゃう……。

さて、久しぶりの更新です。

序盤
ロリンズのシングル希望の言い分はまぁわかる。
AJ登場←はぁ?
AJの挑戦←はぁ?お前この間連続でレインズに負けとるやん
シナ登場←はぁ?
シナの挑戦←はぁ?お前この間AJに負けたばっかだろ。だったらまずはAJに借りを返せよ

シングル決まるけど、最終的に次回PPVはシールドの3人がやるべきだからどう考えてもAJとシナは負ける展開。

じゃあまずシナが負ける展開を考える。
どう考えてもロリンズでは正攻法では勝てんな……。倶楽部乱入が頭をよぎって……、はい倶楽部きた~。
んじゃ次はAJを負けさせるんだったら今度はシナ乱入でOKじゃん。はいシナ乱入。

正直メイン関連が超予定調和で期待外れ。

個人的にケインの復活にはワクワクしたけど、まぁ展開的に負けるつーか、なんらかの理由で王座はとれないよね。
でも、さっきまでマスクしてなかったのに、急にマスクやって「ケイン」ってもの凄く違和感がある。
年齢的にケインもきつくなったんだったらなんだかんだフェードアウトするか、テイカーみたいな感じでまったりで出した方が良い。
どう考えたってスーツケインとかどんな需要があるんだ?
明らかにケインというキャラを壊しているだろ。

と、スマックダウンはシェインはみるのかな?
だとしたらRAWは無難な人選だとミック・フォーリーだけど、どうくるんだろう。
ここでテイカーとかきたらマジ勘弁してほしい。

女子は「ディーヴァ」から「女子王座」に変更したんだから、こまでのお色気路線ではなく、そこそこ試合作っているよね。
でもまだレベル低いけど、05年~11年に比べたら本当にみれるようになってきている。

KOとゼインはもうどうでもいい。

ニューディーとワイアットファミリーの抗争は凄いね。
まだリングで絡んでいないし、パワーバランス的にファミリーのが圧倒的に強いけど、この流れは面白い。
ニューディーには頑張ってほしいけど、ワイアットのマイクも説得力ある。
  1. 2016/07/12(火) 00:08:13|
  2. WWE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAW 1196

JスポのRAWの1196の感想。

アンダーソンとギャロ―ズのデビュー戦。
やっぱ観ていて思うのはもし新日だったらここでガンスタンを出しているんだろうな。
という事でしょう。新日のムーヴがないのでアンダーソンが並以下の選手に見えてくる。というか何の特徴もない。
ギャロ―ズはパワーがあるから良いけど、アンダーソンの体格でパワーをウリにするのはやや説得力不足。
ウーソーズを破るあたりデビュー戦としては良いが、数年前までタッグの名手だったチームがこうも簡単に負けるのはやっぱバランスが悪い気がする。
その後やってきたレインズ1人で一気にパワーバランスが変わるのもどうかと思う。

ジェリコとアンブローズのやりあいは、PPV前なのでアンブローズが主導権を握ると思ったが、意外にもジェリコが実況席の上でオール・オブ・ジェリコを決めた。
だけどそこでアンブローズがタップをしなかった当たり、アンブローズの「狂犬」というギミックが冴え、逆に良かったかな。

ゼインとルセフは1年前までビッグ・ショーやマーク・ヘンリーといったWWEの強豪を次々と撃破したルセフがまりにも苦戦を強いられ、少し面白くない。
展開的にPPV前なのでゼインが負ける事はないとは思ってはいたが、だったらもう少し相手を選ぶべきだった。
しかし勝った後、やけに引っ張るのでKOの襲撃があるんだろうな。と思っていたが、やっぱあったか。って感じ。

チャイナの追悼ムービーにエディが出てきたことに感動したファンも多かったのでは?
R.I.P チャイナ

メイン戦 レインズ対デルリオ
まぁ勝敗は明らかなマッチ。そこにいかにアンダーソン達が絡んでくるか。そしてAJがどう絡むか。
結局介入があり、それをAJが止めに入り、そのAJにKOパンチ。
アンダーソンと、ギャロ―ズをレインズが撃破したと思ったとこでAJのフライングエルボー。
AJは2人に介入して欲しくないと。言っているんだから、そこはいってほしくなかったが、これのおかげでPPVがすんなりいかなそうなフラグがたつという……。
  1. 2016/05/10(火) 20:13:12|
  2. WWE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。