FC2ブログ

ボンジョルノ♪

みらののSVRブログです

WWE SVR2011 レビュー

WWE 通称「SVR2011」のレビューを書きたいと思います。

良い所
・この作品から全能力MAXは出来ないがある程度自由に能力が振れるようになった
・ユニバースモードが初登場

悪い所
・技の数が圧倒的に少ない
・ダッシュ打撃が1種類しか設定できない
・ベルトを自由に賭けれない

・能力が好きに振れる
前作の2010までは作成したCAWは育成をしてからパラメータを上げないといけませんでした。
その為好きな選手を作成しても育成しないと移動スピードが遅かったり、ダメージの回復が遅かったりしました。
2011からはオールMAXは出来ませんがある程度自由に設定できます。
ちなみに2009とか望んでもいない能力が勝手に上がっていった記憶。

・ユニバースモード
2011から追加されたモード。
自動で試合が組まれたり、自分で試合を組んだり、試合の勝敗によってはなんらかのイベントが発生したり。
タッグが解散したり……等1人で長く遊べるモードです。
ただ搭載された最初のシリーズなのでイベントの数が少ないのが欠点。
後これは悪い所に書きましたが、このユニバースで各タイトルの順位を調整しないとベルト戦が出来ない。
ランキングがあって、王座戦が組めるのが2位の選手だけで、なので好きな選手にベルト持たせたかったらランキング調整が必要。
なおオマケで手に入るWCWベルトやECWベルトは自由に出来た。

・技が少ない
とにかく少ない。
2011から新たな物理エンジンで作成したのもあってか、前作にあった技が大幅に削除。
しかもスパスタ特融のモーションとかも結構削除されている。

・ダッシュ技が1種類
これは人によって印象が変わりますがやはり1種類はかなり試合展開を考えると辛いです。


2011まではアルティミットコントロールが有り、これのおかげで「プロレスごっこ」がかなり快適。
例えばチョークスラムの形で捕まえた後に相手に意図的に相手にリバースさせる事が可能。
なので序盤になかなかチョークスラムが決まらない……といった展開が演出できる。
他にもいろんなモーションが有り、試合を盛り上げる要素ともいえる。

2011は技の種類が少ない等の欠点はあるもののユニバースモードの搭載で長く遊べる作品と言えるでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2018/09/14(金) 03:04:20|
  2. SVR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイプロW 団体運営に感じる危機

去年約12年ぶりにファイプロが「ファイプロW」として現在(H30.3.19)はまだ団体運営が実装されていません。

さてさて、個人的に某巨大掲示板などをみていると、この団体運営をかなり過大評価というか、期待が大きすぎてしまっている感がある。

団体運営は本当に団体シミュレーションゲームであって、選手ごとに感情とかはあまりなく、本当に団体に対する信頼度ぐらいしかないんじゃないかな?
だから自団体だけで回すにしてもこれといって大きなイベントもない。
もしかしたら新要素で

A選手に対してB選手がマイクパフォーマンスをする

等のイベントを起こすことが可能になるかもしれない。
後はただシンプルに1か月毎に過ぎていくんですが、どこかで特番的扱いの大会をできるようにしないと、やる側としてもベルトをかけるタイミングがわからないかもね。
親日のイッテンヨンとかが有名だけど、そんな感じに合わせていろんなPPVに合わせて選手の体調や対抗などを調整できるようになっていると良いですね。

とりあえず個人的にGBAのままだと100%不満がくるのは目に見えている。
というかあのゲームも最終的に他団体を押しのけて業界1位になるのがメインになっているので、他団体への侵略とかもやる感じだからね。

多分未経験の人は団体運営にシナリオモードみたいな演出があると思っているかもしれないけど、多分怪しい……。
だから正直そこまで期待しないほうが良いかもね。
  1. 2018/03/19(月) 03:25:00|
  2. ファイプロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読んでくれるとハッピー♪

ここではみらの的に読んでもらえるとハッピーな記事をリンクしていきます。

みらのへ&お知らせ

ダラダラの原因

サブフィニッシャー集


WWE12への提案
  1. 2018/03/02(金) 11:38:08|
  2. 読んでくれるとハッピー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

RAW1263 前半

アンブローズとロリンズについて

先週アンブロは

「もう裏切られたくない」

という言葉を使っていました。
「裏切られたくない」という事はつまり今も信用している……
という意味ではないのか……と先週思いました。

そしてRAW1263

ロリンズ対シェイマスはアンブロは助けに来ませんでいた。
アンブロ対セザーロにはロリンズが助けに来ました。

観客の声にもおされてアンブロがついに拳を出すもまさかの

ロリンズ拒否

は!?
つか、バックステージでのやりとり、あれはどう考えてもアンブロからロリンズに対して

「信用してほしかったら態度で示せ」

というフラグでしょ?
それを今度はロリンズが拒否って。
ロリンズ、お前が拒否する権限ないぞ。
アンブロが援護に来なかった事にイラついているだろうけど、そいういうのを我慢しないといけない立場だろ(笑)
  1. 2017/08/22(火) 02:16:57|
  2. WWE視聴感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

95.10.9 IWGP戦 武藤対高田 を観戦する武藤と蝶野

いろいろ記憶違いがあるのでコメントの内容は違ったりしますのでご了承ください

武藤「さっき(前観ていた試合)より天辺薄いね」
反応できない蝶野
武藤「もうこの頃から剃ってれば良かったよ(笑)」

蝶野「当時は武藤さん側だったけど今見ると高田さんも相当やりづらそうだよね」
とか今だから言える感想がポロリと。

武藤「この試合からドラゴンスクリューを使い始めて、そこからの四の字。
   それが俺のパターンになってずっとやってこれた。
   今の若い子達もみんなマネするね」

蝶野「この試合、いろんな意味で注目が凄かったじゃないですか」
武藤「団体対抗とかタイトル戦とかね」
蝶野「その試合の決まりてが四の字でしょ。当時凄かったよね」
武藤「クラシックな技が注目される形にね」
蝶野「プロレスの技でUWFに勝てた。というのもね」
武藤「俺はアメリカでリック・フレアーに何度もくらったからね」
蝶野「それを武藤さんがやると」
武藤「そうそうそう(笑)」

蝶野「武藤さんも裏十字得意ですよね」
武藤「そうだね」
蝶野「なんで使わないんです?」
武藤「だって、みんな使っている技でしょう」
2人・(笑)

武藤「だけど他人が使っている技って使いづらいよね」
蝶野「あー、確かに」
武藤「俺もリック・フレアーがいたら四の字使えなかったからね(笑)」

蝶野「武藤さんいまのムーンサルトまでのスピード速いですね」
武藤「ほらUWFだから動きを早くしないとね。それに俺もまだ若いからこんなに動けるんだよ」

蝶野「どこでドラゴンいくんでしたっけ?」
武藤「いや、俺も覚えていないんだよね。今かな?あ、違った……」

蝶野「この試合、長かったでしたっけ?」
武藤「いや、そんなには長くないはず。ドラゴン決まって四の字で終わるから20分いってないんじゃない?」

~ドラゴンスクリュー後~
武藤「あー、俺ドラゴン入れた後にこんだけ高田さんから攻撃受けているのか……
   全然覚えていない」


等々楽しいお話を聞くことができました。
  1. 2017/08/12(土) 16:37:09|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィン・ベイラーの入場

最初の頃はやけに大がかりだなー

ってのが印象。後、入場時のアレはお客さん疲れないかなーって思ってたけど、系4回だから別に大丈夫だね。
自分もテレビの前で思わずやってるから(笑)

だけど全体的に長すぎるんだよね。
あのロープにもたれるモーションなくしたりとかのショートバージョンを作成してほしい。
  1. 2017/07/08(土) 23:12:50|
  2. WWE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PPV予想

とりあえずPPV予想です。
まぁジョーはレスナーに負けるでしょうね。

んでここからね。
多分だけどレインズとストローマンの試合はストローマンが勝つと思う。
というのもレスナーからベルトを奪うのはかなり厄介。

まず

レスナーは過去にWMでテイカーに勝利いている

なのでレスナーに勝つには最低条件としてテイカーに勝っている事が最低条件となる。
ここで1番資格があるのが今年のWMでテイカーに勝って引退させたレインズ。

だったらレインズにベルト獲らせたら良いんじゃないの?

ってなる。
確かにその通り。
だけど、だったら前の5人勝負のPPVで勝ってから挑戦させておけばいい。
それをしなかったのはレインズのベルトはちょっと先になる。
ならまずは誰かにとらせないといけない。
そこでジョーははっきりいって力不足ね。説得力がない。
まずレスナーがコキーナ・クラッチでタップするとも思えない。
にしてもジョーがコキーナ・クラッチをフィニッシャーにしている感があるのに、他の試合で普通にスリーパーホールドが使用されていたのは少し苦笑した。
で、今回のPPVでストローマンがレインズに勝てば

テイカーに勝利したレインズに勝利した

と拍が付く。
そこでストローマンがレスナーに挑戦するキッカケが生まれ、挑戦し、勝利。
これでストローマンにベルトが移動。
だけどストローマンはパートタイマーではないからストーリーの展開では

セス・ロリンズ
フィン・ベイラー
ワイアット

にも負けても特に問題がなくもできる。
だからPPVはレスナーとストローマンが勝利し、次回PPVで2人が対戦し、ストローマンがベルトをまく。
と予想しておきます。
  1. 2017/07/07(金) 05:26:41|
  2. WWE視聴感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAW1247

全体的に面白かった。

ジェフ対セザーロ

セザーロがジェフに対して敬意を持っているのはわかるが、「勝負は勝負」とハッキリしてほしかった。
仮にもジェフはWWEで王座にも就いたこともあるんだから特にセザーロにはそんな躊躇等もたせなくてもよかった思う。
逆にそれがジェフの今の実力を示す形になっちゃった気がする。
その点はWWEのジェフのプロモは失敗だと思う。

もっと互角にやりあわせても良かったのでは?

と思ったのと、ジェフの劣化が目立ち、完全にセザーロが介護をする形になってしまったのが残念。
意外にもシェイマスの乱入等なく、最後はクリーンな形で終わったからWWEにしては珍しい形になった。と思った。


ビッグショー対ストローマン

最近目立っていなかったショーに久しぶりにライトがあたった感じ。
というか、最近のショーは若手とかの引き立て役に回りすぎな気がした。
今回もそんな感じだろう。と思ったが、結構ショーの素晴らしさを発揮したと思う。

試合は以外にも巨漢レスラー同士なのにチェーンレスリングを展開。
最初はやや失笑を買った気がしたが、意外にもストローマンが動けて、逆に関心した。
それにつき合わされたショーはやや気の毒だとは思うが、それでも彼はパワーで存在感を示せてたと思う。
試合はストローマンの凄さを出す為の流れではあったが、ところどころショーの見せ場があり、そういった意味では嬉しい。
ただKOパンチ等決めたのに、それで試合が決まらないのは正直強さのインフレを起こしそうなのでやめてほしいとは思った。
ただ、ショーもストローマンの技で3カウントをとられなかった。というか決めさせなかったのがWWEの良心なのかな?
単純にリング崩壊KOしたかっただけだろうけど、それまでの流れとか展開は変にフィニッシャーを返し合戦を除けば素晴らしかったと思う。

ただ巨漢レスラーが出るたびにテイカーとケインという動ける巨漢がいかにレアだったかと再認識する。
  1. 2017/05/19(金) 21:54:51|
  2. WWE視聴感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAW1206

えーと、番組の冒頭は日本だと批判物ですよね。
「食べ物を粗末にするな」ってね。

シナVS倶楽部
AJのマイクは上手かった。
結局シナが倶楽部にやられていても、誰からの援護がないのはシナの「ギミック」を上手く利用していたな。と思ったけど、今回は援護が来て、これで次回PPVのカードが決まるでしょうね。
にしても、プロレス観点からしても、倶楽部のシナに対する行為って「イジメ」にしか見えず……。
そうなると真面目で優等生なシナをいじめっ子の倶楽部がいじめるスタンスがリアルの子供達にどう影響するのか。

シールズ
アンブロがミズに勝った後にロリンズにタッチした後、そのまま立ち去ると思いきやリングにいるロリンズにダッシュし、リングインした後にちょっと言葉を交わして実況席へ。
しかしロリンズのヒールになろうとしているのに、お客さんがヒールにしてくれないのが面白い。

アメリカVS連合
まぁ当たり前だけどアメリカ勝つのはわかっていた。
でも面子的にケインとビッグショーって、それだけで勝つの決定でしょ(笑)
じゃあどうやってケインを除外するのかと思ったらまさかの反則負けて(笑)

以前にKOは持ち技的にヘビー級の一級線でやっていくのは難しい。
と書きましたが、まさかのマーク・ヘンリーにパワーボム。
一応ヘンリーが自分から飛んではいますが、ヘンリーにこの技を決めたのは今後の説得力としては大きい。
つか、ヘンリーもの凄く綺麗に飛んだな。あれは凄い。
  1. 2016/07/23(土) 20:09:46|
  2. WWE12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「レッツゴー、シナ」「シナ、最低」

まぁシナ戦ではこのチャントがかかるのが当たり前になってもう何年でしょうか?

まぁ個人的にこれもWWEの醍醐味の1つと1つなんですが、どうしてもこのチャントの「シナ、最低」と叫んでいる人が好きになれない。
全員ではないけど、どのくらいの割合でプロレス観点で行っているのかな?

何割かは、ブーイングを行っている自身に酔っていないかな?

「俺はプロレスを知っているんだぜ!!」

ってね。
でも、なんかそれの意味合いをはき違えていない?
簡単にいうとシナを応援する流れに逆らう姿が思春期特有の反抗期の行動に見える。

というかシナへのブーイングは男性の大人が行うんだけど、一応シナへのブーイングはその反抗期っぽい気持ちが反映されているわけで。
でも、それを「プロレス感覚」で行っているならわかるけど、それをガチでやっていると痛いですよね。
子供からしたら

いいおっさんが何してんだよw

ってなりますよね。
つか、自分はそういう風にしか見えない。
  1. 2016/07/13(水) 19:05:02|
  2. WWE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ