ボンジョルノ♪

みらののSVRブログです

アンソニー・W・森

アンソニー・W・森(以下アンソニー)を作成したのだが、彼はもの凄く難産な選手だった。

どういう選手かといえば…負けキャラ。良い言い方だった「大穴」である。

技の再現も難しい。
基本的にアンソニーは独創的な関節技を主体にしているのだが、SVRは関節技が少ない。
それにアンソニーの持ち味は独創的な丸め込みが得意である。
それは「エレガントマジック」と呼ばれ、どんな丸め込みもエレガントマジックと統一になるのだ。
なのでCAFで丸め込み技を2つ作成した。

気づいた方はいると思いますがフィニッシャー枠をCAFの丸め込みで埋めちゃっているので、いわゆる「決め技」がないのだ。
一応変形のスープレックみたいな技を持っているのだが、その技がシグにもフィニにもない…。
CAFで作成しようにもそこまで無理にねじ込む技でもないので…。
あっ、なぜかチェーングラップルにはあるんですけどね(笑)

後、「エレガントーン」というスワントーンの様な技もあるのだが、この技、基本的に当たらない技なので、フィニッシャーには使えない…。
なんともまぁ技設定が難しい選手である。

まぁアンソニーは負けキャラなので、試合展開は大丈夫かな?
スポンサーサイト
  1. 2011/03/15(火) 00:52:52|
  2. CAW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「みらの」の技設定

こないだろっくさんとの試合でオリジナルCAW「みらの」がスーパーチョークスラムで決めました(この試合は後でアップします)

でもみらのはサブフィニッシャーにチョークスラムを指定しているので、ノーマルチョークスラムより威力に説得力のある技が存在するのはみらのの試合展開に大きな支障がでると思います。

例えば相手がコーナーに上って、「返してほしい」という意思を見せます。
みらのが打撃をいれちゃうと、次に掴み攻撃をしてしまいますとスーパーチョークになってしまうはずなのです。
なのでみらのはコーナーに上られるとダッシュ掴みか打撃連打しかできなくなります。

なので、みらののコーナー掴みを変更しないといかなくなりました。
まぁ僕がそこまでこだわらなければ大したことはないんですけどね(笑)
  1. 2011/03/10(木) 01:25:15|
  2. CAW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

YOSSINO作成時の話し

YOSSINOの作成はとにかくそれっぽい衣装を選択し、作成しました。
でもだれかがアップしてあったYOSSINOのPT使用を参考にして作り直し…。


まずPTの紙のサイズを3で割って、その数値に三角形になるように直線を引き、色を塗りつぶし。それを2回繰り返し

▼▼▼

↑こういうペイントが完成。
それを腰にペタペタ貼っていったのですが

なんと!!このペイント、YOSSINOの腕にも利用可能…。

早速ペタペタ…。

おぉ、YOSSINOっぽくなった^ ^



というわけでみらのの初PT使用CAWとなりました^ ^


でも、基本PTが苦手なみらのに、みんなついてこーい♪
  1. 2011/03/06(日) 02:07:02|
  2. CAW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0