ボンジョルノ♪

みらののSVRブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

棚橋について語る

棚橋選手について語ってみます。

最初に棚橋を知ってのは新日のCM。

「あいしてま~す」

のフレーズを叫んでいる選手がいる。そんな感じです。
その後全日のチャンピオンカーニバルかなんかの大会に出場。
当時はナルシストみたいなキャラ。
でもハイフライフローが衝撃的だった。

それから数年して地デジの関係でワールドプロレスリングの視聴が可能になって、見始めたら、棚橋がチャンピオンだった。

棚橋はスリング・ブレイドからのハイフライフローが象徴的だけど、1番はシンプルな技での試合構成。
そして相手の技を受ける頻度が高い!!
だから相手の良いとこを出させるから試合が成立する。でも、時々技を受けすぎ。会社はもうちっと棚橋の身体を労るべき。


棚橋といえば、ろっくさんの作成した棚橋のレベルが凄い。
特にあの白衣装、再現すんの大変だっただろうな。
その棚橋を使ってのガチからの勝利は嬉しい。
やっぱIWGPという1つの団体のベルト保持者なんで、そう簡単にはまけられない。
それに上で述べている用に複雑な技とか大技がないので、そこまで技にこだわりをもたなくて良いのもガチ相手にやりやすい。
足攻撃しとけば後半に相手がたたみかけようとダッシュしてきたら、蓄積されたダメージでダウンし、反撃のポイントも作ってくれますからね。

最近はその棚橋をチマチマ改造。
確かシグをスリング・ブレイドにしたっけな?

リングからエプロンに移動するとき、トップロープを飛び越えての移動に代えました。
僕の見た試合でそうしていたので変更してみました。また注意して試合を見てみたいと思います。

これは昨日から取り入れたのがドラゴンからのダルマ式ジャーマンの再現。
これは以前ろっくさんが再現できないと嘆いていたので、無理なのかな~と思っていたのですが、シグorフィニを使うことでできました。
でもろっくさんにはろっくさんの試合運びがあるので、このパターンをあえて使用しなかったんでしょうね。

んで昨日ろっくさんとの試合でダウン攻撃2回からのダイビング攻撃を自動リバース発動で剣山に感動しまして、今日さっそくいりまめさんとの試合で実戦。でもダメージが中途半端な時はしないほうが良いですね。
でもこの剣山リバースはダイビング攻撃を使用する選手全員に使えるので、勉強になりました。

以上。終わり。
なんかグダグダだけど、そんなみらのについてこ~い(笑)
スポンサーサイト
  1. 2011/11/26(土) 01:38:17|
  2. 語り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ジョン・シナ | ホーム | ムタVS猪木>>

コメント

ダウン掴みを2回やってからのダイブは私もろっくさんたちのを見て真似しました(笑)
ニコ動でやってる一人二役プレイ動画でもよく使うのですが、技が決まってしまっても大丈夫な時は視聴者に読まれないようにあえてダウン攻撃をせずにダイブをして手動で返しています。

ろっくさんのCAWはよく見るとペイントツールをあまり使っていなかったりするんですよね。
既存のデザイン+少量のペイントツールであそこまで作り込めるのは本当にすごいです。
  1. 2011/11/26(土) 20:37:31 |
  2. URL |
  3. いりまめ #-
  4. [ 編集 ]

棚橋の試合パターンはスリングブレイドと足攻めが基本ですね。
それに「切り返し」で山場を作ります。

私の棚橋はバックドロップを入れていますが、実際の棚橋はバックドロップを使いません。
ブレーンバスターも基本的には使いません。
この点だけ見ても棚橋がいかに技を制限して使っているかがわかると思います。

フィニッシャーを使ったドラゴン踏ん張られての(ダルマ式)はお見事でした。
私の場合、この流れはゲージに左右されずに出したいのです。


あと、私のCAWでペイントツールをあまり使っていないのは雰囲気重視というサボリです(^^
PT上手く書けるようになりたいなぁ。

  1. 2011/11/27(日) 21:11:11 |
  2. URL |
  3. ろっく@Mr.YAMAMOTO #aO7ArIDQ
  4. [ 編集 ]

いりまめさん>
なるほど。今度いりまめさんの動画も覗いてみます^ ^

パーツとか既存を使っているんですね。凄いです♪
  1. 2011/11/28(月) 14:55:24 |
  2. URL |
  3. みらの #-
  4. [ 編集 ]

ろっくさん>
棚橋使うようになってから、棚橋の試合を観察するようになりましたが、本当に棚橋はシンプルな技構成で上手く試合を組み立てていますよね。
でも一部ではそのシンプルにダメだししているみたいですが。

やはりろっくさんはシグやフィニだと制限がかけられるので考えなかったんですね。
確かに僕もジャーマンをフィニにするかシグにするか悩みまして、どうしてもテキサス・クローバーとの兼ね合いになるんですよね。
悩んだ末、ジャーマンをフィニに、テキサスをシグにしました。
ダウンサブミッションをテキサス・クローバーに変える手もありましたが、そうなると足責めのパターンが減ってしまいますし、wikiによると今はテキサス・クローバーは多用しない技みたいなので、チャンスがある時にシグで狙っていこう思っています^ ^
  1. 2011/11/28(月) 15:04:29 |
  2. URL |
  3. みらの #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miranoat.blog96.fc2.com/tb.php/95-644328f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。